2010年04月05日

鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)

 都内にある鳩山首相の個人事務所や、北海道の後援会事務所はリストラが検討されている。母親からの資金が途絶えたことが背景にあるとみられている。

 東京・永田町のビル6階にある「鳩山由紀夫事務所」。偽装献金事件が発覚するまで、その入り口のドアのわきに並んでいた「友愛政経懇話会」の表札は、26日時点でなくなっていた。関係者の間では「事務所そのものも、3月末に引き払うのではないか」との話も浮上しているが、衆院議員会館の議員事務所にいる私設秘書は「先の話は分からない」と答えるだけだった。

 地元の北海道9区でも、登別、伊達両市の後援会事務所を室蘭市の事務所に統合する方向で準備が進められている。登別、伊達両市の事務所は昨年末、計3人いた事務員をゼロにし、伊達市の事務所は来月、引き払う予定だという。

環境保護や人道支援に貢献 「地球倫理推進賞」贈呈式(産経新聞)
知育玩具「リブロック」プロモーションで動画 AR 技術を採用
開業まで2年、早くも観光名所…スカイツリー(読売新聞)
<事業仕分け>当選1回の衆参議員95人が「調査員」に(毎日新聞)
政党交付金、民主に172億円=10年配分額を決定−総務省(時事通信)
posted by ミヤジマ ユウジ at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。